株式会社レヴィ ブログ

システムデザインで価値を生み出す、株式会社レヴィの公式ブログです。

”システム開発の失敗”を防ぐには?「NASA式システム開発」から学ぶ3つのヒント

システム開発やモノづくりのプロジェクトをすすめるにあたって、エンジニアは日々課題やトラブルに遭遇します。問題やトラブルが起こるのはプロジェクトを進める上であたりまえのことかもしれませんが、振り返ってみると、いつも同じ課題や失敗を繰り返して…

システムデザインの学校(ベーシッククラス・冬)

参加申込みフォーム レヴィが蓄積してきたシステムデザインに関するノウハウをもっと多くの人に届けて体験してもらうための機会として、無料オンラインセミナー「システムデザインの学校」を開講しています。 2021年12月は、「現場で役立つシステムズエンジ…

Balus新機能紹介:参加者をビューに集める

Balusの新機能を紹介します。 ビューモデルで共同作業していると、他の参加者に見てほしいビューを「ここ!」と伝えたいことがあると思います。 特にビューモデルが大きかったり参加者が多かったりすると、見てほしいビューを伝えるだけでも一苦労です。 そ…

モデリングのヒント:Before/Afterを考える

プロダクト、サービス、企画などの全体的な価値を考えるときに**「その企画の前後で誰がどのように変化するか?」「そのサービスがあるときとないときでユーザーの行動はどう変わるか?」**などを考えると**認識が揃いやすい**場合があります。 このような時…

ペジテの自転車オンライン版のおかげで授業ができた話

こんにちは、レヴィの三浦です。9月まで鳥取大学で教員をやっていました。10年間におよぶ鳥取大学教員としての最後の授業で「ペジテの自転車オンライン版」を活用したので、その時の様子を簡単に紹介したいと思います。 対面授業のはずが 「ペジテの自転車」…

Balus新機能紹介:ビューモデルをフォルダに整理する

Balusの新機能を紹介します。 ワークスペース内のビューモデルをフォルダに整理できるようになりました! サブシステムやマイルストーンで整理したり、打ち合わせの日付で整理したりすることで、ビューモデル一覧の見通しがよくなります。 どんな機能? (動…

モデリングのヒント:入出力を表現する

何かを入れたら、何かが出てくるという「入出力」の考え方をすると分かりやすいという場面が多くあります。 例えば**どんな情報を受け取って(入力)**から作業するのか?その結果として**どんな成果物(出力)**が得られるのか?を考えることで、「タスク」…