levii blog

株式会社レヴィの公式ブログです。

「システム思考ガイドブック」無料ダウンロードのご案内

f:id:yoshizawar:20200128163156j:plain:w300

レヴィのプロダクト・サービスのベースとなっているのが「システム思考」です。ありがたいことに「まずはシステム思考について学びたい。」というお問い合わせをいただくことが増えてきました。

そこで、レヴィが作成したシステム思考の入門書である「システム思考ガイドブック」を、無料でダウンロードいただけるようにしました!

次のような課題を感じている方に特におすすめです。

  • 一つの問題が解決したと思ったら別の問題が発生した
  • 全体像が掴めない
  • そもそも何が問題か分からない
  • 人に貼りついたノウハウを引き出せない

ぜひ下記のフォームよりお申し込みください。

forms.gle

はじめに

インターネットをはじめとしたテクノロジーの発達によって人・モノ・情報がかつてない規模で相互作用するようになり、 現代社会は極めて複雑になりました。そのような状況の中で、多様な問題を解決し、価値あるものを創造するためには、モノゴトを総合的・多面的に考える「システム思考」が重要となってきます。 このテキストは、初学者がシステム思考とは何かを理解し、その基本的な実践方法を知るための入門書です。特にシステム思考を自然な形で実践するための表現手法である「システムモデル」に焦点をあて、簡単な例題を通してその活用方法をお伝えします。

このテキストが皆さんにとって、複雑な問題の解決や価値あるものを創り出していくための第一歩となれば幸いです。

目次

  • システムとは何か?
    • システムの定義
    • システムを記述することば
    • システムの例
  • システム思考とは何か?
    • システムとして考える
    • ビューポイントとビュー
    • システムモデル
    • システム思考の第一歩
  • システム思考のプラクティス
    • フィジカルビュー
    • コンテキストビュー
    • オペレーショナルビュー
    • ファンクショナルビュー

事例紹介:竹中工務店様、中海テレビ放送様

2019年も残りわずかとなりました。年末にしてはあまり寒くないなと思って少し調べてみたところ、今年の日本の年平均気温は観測開始以降で最高値だったようです。

気象庁 | 日本の年平均気温

そんな2019年ですが、レヴィにとってもこれまでで最もアツい年となりました。

まず、Balusの機能&性能が大幅に向上して、とても使いやすくなりました。研修やコンサルなどのお仕事でもBalusをがっつり使うようになり、きちんと価値を生み出して役に立っているという実感を強めました。また、ビジネスや製品開発におけるパートナーや協力者がたくさん増えて、事業を拡大していく準備が整ってきました。(今更ですが)「自分たちが提供している価値は何か?」についての理解と整理も大きく進み、サービスやビジネスに反映しつつあります。

そして、お客様の数も幅も大きく広がり、事例や実績が溜まってきました!そのうちの2件について事例紹介ページを公開したので、あらためて紹介させて頂きます。



竹中工務店様:研究員を対象としたシステム思考研修

まずは、大手ゼネコンである株式会社竹中工務店の技術研究所の皆様に研修サービスをご利用頂いた事例です。

続きを読む

現場でDDD!2nd でワークショップを開催してきました #genbadeDDD

こんにちはレヴィの萩原(@hagifoo) & 弓山(@akiray03) です。 先日行われた レガシーをぶっつぶせ。現場でDDD!2nd 「インプット<アウトプット!」でワークショップを開催してきました。 2 時間の長丁場にもかかわらず参加してくださったみなさま、ありがとうございました! そして、ワークショップ運営を手伝ってくださったナビゲーターの皆さんと、今回の勉強会を企画・運営していただいた皆さんにも感謝いたします。

システム設計の中でドメインモデルの役割を体感する / the Place of Domain Model in System Design - Speaker Deck

genbade-ddd.connpass.com

f:id:levii-akira:20191217090622p:plain
ワークショップの様子

具体的な内容や現場の雰囲気などは参加された方のブログやツイートをご参照ください!(ブログ書いてくださってありがとうございます)

この記事では、ワークショップの設計意図を簡単に紹介できればと思います。

続きを読む

ちょっと甲府に合宿に行ってきました

f:id:yoshizawar:20191128120046j:plain

こんにちは吉澤です。先日山梨・甲府に合宿に行ってきました。ぶどうと武田信玄で有名なあの甲府です。

このように書くと驚くひともいるでしょうが、レヴィでは、ほぼ月にいちど全員参加での合宿を行っています [^1] 。合宿では、チームやサービスの状況を確認したり、四半期で目指す姿を議論したりしています。

今回でなんと56回目です。今回の合宿は「縁」があって [^2] 山梨でフィットネスジムを展開する サイボディ さんとの交流なども入れ込んだ、たいへん濃密な内容になりました。

そんな合宿の雰囲気をご紹介できればと思います。

続きを読む

これまでにやったセミナーとかワークショップとか

f:id:levii-miura:20190830071831j:plainf:id:levii-miura:20190830071834j:plainf:id:levii-miura:20190830071836j:plain
これまでにやったセミナーやワークショップの様子

こんにちは、レヴィでSystem Modeling LabとかEducationとかのロール(ホラクラシー組織の基本構成要素)に就いている三浦です。以前のブログ投稿にて「ファンクション制はそのうち変わるかも」と注釈に書いていたところ、さっそく変わってしまいました。現在レヴィでは、ティール型組織を目指してホラクラシー的なものにトライしています。ファンクションのときと何が違うの?と聞きたくなるところだと思いますので、大きく違うところの一つを述べると、

ロールに関することは、そのロールに就いている人が意思決定する。他の人はその意思決定に文句言わない。

というところです。これは単に自分勝手にやるということではなく、いろいろな工夫とかマインドがあるのですが、その辺は誰か他の人がブログ記事を書いてくれると思います。

ラクラシー的にやっていくにあたって、レヴィの中にいろいろなロールが設定されました。その中で、この記事で名乗っていたモデリング人間開発ファンクションを引き継いだ感じのロールがEducationであり、「レヴィのサービスやプロダクトを使いこなせる人を増やす」という責務を持っています。具体的な活動としては、システム思考やシステム設計に関連する人材育成のプログラムや教材を開発して、セミナーや研修という形で外部に提供しています。

これまでにやってきたこと

今回、Educationロールが立ち上がったこともあって、これまでにやってきたセミナーや教材開発について実績をリストアップしてみました。一番古いものだと、会社を立ち上げるずっと前の2014年6月にBalusを使ったワークショップをやっていました。

ごく一部ですがリストアップしてみると

続きを読む

2分で説明するのが大変だった件

こんにちは、レヴィのメンバーで最も西に住んでいる三浦です。こちらのブログ記事で報告したリバネスさんの「テックプランター」へのエントリーに際して、2分間のチーム紹介ビデオをつくりました。実は昨年も同じようにエントリーしていたのですが、その時は社長以外の全員が奄美大島に滞在中だったため、シュノーケリング用具を装備したまま浜辺で撮影するという南国スタイルでチーム紹介ビデオを収録しました。それについても機会があればそのうち紹介したいと思います。

さて、今年はビデオの要件に「自撮りを強く推奨」とあったので、自撮りスタイルでやってみました。2分間で自己紹介、解決したい課題、実現したいことを語らなければならないのですが、いざしゃべってみると、なかなか難しいです。2分に収まらなかったり、どこかで噛んじゃったり、「えーっと」が長くなってしまったりでNGを繰り返し、15テイクくらい撮り直したところで「まぁいいかな」と思えました。

続きを読む