株式会社レヴィ ブログ

株式会社レヴィの公式ブログです。

株式会社バルテス様とセミナーを共催しました

2021年2月25日にソフトウェアテストで有名な株式会社バルテス様とWebセミナーを共催させていただきました。 要求分析をテーマにした『レヴィ×バルテス 宇宙開発の方法論から学ぶ「要求分析」のモデリング講座』という題目でしたが、視聴枠が満員になるくらい…

PERSEUSワークショップの報告(後編)

こんにちは!レヴィメンバーの別所です。 「PERSEUSワークショップの報告(前編)」に引き続き、後編では第2部で実施しました、ワークショップ内容について紹介します。 第2部は、午前に実施した第1部会場「さかい新事業創造センター(通称:S-Cube)」から…

PERSEUSワークショップの報告(前編)

レヴィが共同参画機関として携わっているPERSEUS事業の最後のイベントとして、「2020年度PERSEUSワークショップ」が開催されました。 1日間をたっぷり使ったイベントの第1部では、レヴィが開発したシステムデザイン体験ゲーム「ペジテの自転車」を使ったワ…

システム開発を体験できるボードゲーム「ペジテの自転車」を頑張ってオンラインでプレイしてみた

こんにちは、吉澤です。 レヴィが開発した教材の一つに「ペジテの自転車」というボードゲームがあります。 ペジテの自転車は、ペジテ社という自転車メーカーの開発者になって、規制や要求を満たしながら顧客満足度の高い自転車を協力して開発する、というゲ…

超小型衛星「ひろがり」開発プロジェクトのあゆみ

2021年2月21日未明に、超小型衛星「ひろがり」がアンタレスロケットで打上げられました。 翌日の夕方、野口宇宙飛行士によりシグナス補給機がキャプチャされ、ISSとのドッキングに成功、「ひろがり」が国際宇宙ステーションに到着しました。 良い機会なので…

ガイドブックのガイド(3)システムか、システムでないか

「ガイドブックのガイド」では、システミングガイドブックの要点や補足、具体例や関連する話題、制作や議論の裏話などをブログで紹介していきたいと思います。今回はシステム思考の第一歩である「対象をシステムとして考える」ということについて考えてみた…

レヴィ生放送第二弾やります!(2月20日深夜25:30から)

終了しました この記事で紹介している生放送は終了しました。下記URLから動画を見ることができます。 www.facebook.com こんにちは、レヴィマーケティングロールの五十嵐、吉澤、三浦です。 昨年末に開催し(意外にも?)ご好評だったレヴィ生放送ですが、早…

DXのシステムデザインを考えるオンラインワークショップ

前回紹介した「DXのシステムデザインを考えるセミナー」の続編となるオンラインワークショップを開催しました! 「レヴィが提案する考え方を体験して理解を深める」「業務改革やDXを考える上で重要なビューを体験する」「自分の仕事や業務でどのように役立ち…

サルでもわかるNASA式システム開発 第10話 「良い分割が良いシステムを生み出す」

「難問は、それを解くのに適切かつ必要なところまで分割せよ。」 近代科学の基礎にある機械論的自然観を提唱したことで知られるデカルトが著書「方法序説」で述べた言葉です。 デカルトは、「我思う、故に我あり」でも有名ですね。 複雑なシステムを扱うとき…

DXのシステムデザインを考えるセミナー

航空機の点検・整備を手掛けるJALエンジニアリング様の社内セミナーにて、講師を務める機会がありました! 今回のテーマは「業務改革/DXの進め方」です。 コロナ禍のために多くの業界が厳しい状況にありますが、JALエンジニアリング様はDXやリテラシー向上…

成人になったらできることをモデルで整理してみた

こんにちは、五十嵐です。 昨日は成人の日でしたね。 ニュースなどで各地の成人式の様子が流れて、例年なら新成人の元気な姿(一部、元気すぎる人もいたりしますね)が見られますが、今年はコロナ対策のために中止やオンライン対応でちょっと寂しい感じがし…

年末企画の振り返り

昨年度末に実施した年末企画のうち、生放送と忘年会ワークショップについて紹介します。

あけましておめでとうございます

レヴィの画像年賀状です。

システミング的に今年のレヴィを振り返る会をやりました

こんにちは、吉澤です。 今年もいよいよ終わりが近づいてきました。 ということで、先日、全員参加で「今年のレヴィを振り返る会」をやりました。 KPTなど、チームの振り返りのためのフレームワークはいろいろありますが、今回はシステミング的に「いろんな…

システミング体験ワークショップ

システミングワークショップの様子 レヴィが提案するフレームワークであるシステミングの基本的な目的は「システムデザインを確実に、そして上手に進めること」です。 以前のブログで、企業やチームにおける設計開発の現状のやり方を可視化して課題や問題を…

サービス紹介資料を公開しました!

「結局レヴィって何をしている会社なの?」という問いにお答えするために、レヴィの提供するサービスとその価値・狙いなどについて短くまとめたサービス紹介資料を作成しました。

腑に落ちないループ

日常の中で遭遇するいろいろな「ループ」をモデリングしてみました:たらい回しループ、Google翻訳ループ、無限くら寿司など

レヴィ年末生放送やります!(12月27日16時から)

2020年12月27日(日) 16:00~19:00にレヴィ年末生放送を実施します!まずはトライアルなのでまったり&ぐだぐだが予想されますが、お時間のある方や「レヴィの中の人ってどんな感じなんだろう」と少しでも気になった人は、ぜひ視聴して頂けるとうれしいです…

小学生がシステミングを使ってロボット設計

システミングの考え方を使うことで、小学生でもIoTシステムやロボットシステムのシステムデザインを上手に実践することができました。

ガイドブックのガイド(2)冊子版と姉妹編

今回は、システミングガイドブックの冊子版と、姉妹編である「システム思考ガイドブック」についてちょこっと紹介します。

システムで使う言葉を統一するための第一歩

こんにちは、吉澤です。 先日、近所のスーパーで買い物をしていた時に、こんな張り紙を見かけました。 なんともなく見ていると、だんだんと「ボージョレ・ヌーヴォー」という言葉自体が気になってきました。 なぜかと言うと、小学生の頃に読んだ「こち亀」の…

ガイドブックのガイド(1)読み飛ばし方

システミングガイドブックについて、要点や補足、具体例や関連する話題、制作や議論の裏話などをブログで紹介していきます。

映画「TENET テネット」を観たら回文を作りたくなった話

こんにちは、五十嵐です。 世間では鬼滅の刃の映画が記録的な大ヒットしていますが、僕は最近「TENET テネット」を観てきました。 公開前から期待していたのですが、期待を上回る内容でした。 映像も凄いと感じたのですが、僕はそれよりは劇中の様々な「仕掛…

サルでもわかるNASA式システム開発 第9話 「システム思考で夢にカタチを与える」

「飛行機は美しい、夢だ。設計家は、夢にカタチをあたえるのだ!」映画「風立ちぬ」で、飛行機の設計家カプローニ氏が次郎少年の夢の中で語ったセリフです。 夢は、夢のままでは叶えることができない。 「空を飛びたい」という漠然とした夢を、飛行機のよう…

システミング式課題抽出ワークショップ

レヴィが提案するフレームワークであるシステミングの基本的な目的は「システムデザインを確実に、そして上手に進めること」です。しかしそれだけではなく、企業やチームにおける設計開発の現状のやり方を可視化して課題や問題を抽出することにも活用するこ…

ネットの怖い話「くねくね」「八尺様」「コトリバコ」をモデルで表現してみた

こんにちは、吉澤です。 僕はホラーが好きで、ホラー小説だけでなくネットにある怖い話を探して読むこともあります。ネットの怖い話は砕けた表現で書かれたものが多く、読み終わった後に「投稿者の体験なのかな?」「あれはどういうことだったのかな?」と思…

次世代Balusを使ったオンライン講義&ワークショップ

レヴィが共同参画機関として携わっているPERSEUS事業の一環として、システムデザインに関するオンライン講義を実施しました。講義の後半では、現時点で未公開の次世代Balusを使ったワークショップも行い、とても盛り上がりました。

お蔵入りになっていたBalus紹介ムービー

「Balus」について紹介するムービーをつくりたいから、まずは自分たちで簡単な試作をつみってみよう!ということになってちょっとした制作をしたことを思い出しました。昨年(2019年)の9月頃の話です。

サルでもわかるNASA式システム開発 第8話 「ゴール指向なウォーターフォール・モデル」

「いったん選んだ道に関して頑張る人は多い。目標に関してそうする人は少ない。」 『ツァラトゥストラはかく語りき』などで知られる哲学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェの言葉です。 複雑なシステムの開発プロセスというとウォーターフォール・モデ…

モデルで伝えるツール・ド・フランスの観方

こんにちは、五十嵐です。 僕は夏より冬が好きなのですが、数少ない夏の楽しみの1つにツール・ド・フランスのオンライン観戦があります。 例年では7月初旬に開催され、ツール・ド・フランスが始まると「夏が来たな!」と感じるのですが、今年はコロナ禍のた…