株式会社レヴィ ブログ

株式会社レヴィの公式ブログです。

画面デザインのためのモデルに関する考察

こんにちは、吉澤です。 レヴィでは、日頃からシステムデザインについてあれこれ議論をしています。今回はそんな議論の中から、画面デザインのためのモデルについて考えたことを紹介します。議論としてはまだまだ途中段階で、また、社内の議論なので伝わりに…

【8/27開催】前回ご好評につき開催決定!電子回路向けシステムデザインのオンラインセミナー

5月・6月に「リモート時代の回路設計 ~モジュール化でビジネスチャンスを掴む~」と題して開催したオンラインセミナー*1は、お陰様で多くの参加企業様にご好評いただきました。 そこでこの度、再構成した内容で再度開催することとなりました。 回路設計に携…

マインクラフトでバーチャルミーティング

レヴィが「オンラインミーティングでトライしてみたけど続かなかったこと」の一つに、マインクラフトの中で集まって会議をするというものがありました。 バーチャル空間の中でアバターが集まることで、より臨場感を出すことができるのではないかと思ってトラ…

BalusをNASAに見せに行ったら、起業したくなった話

実はレヴィの創業前に、メンバー一同が揃ってNASAに訪問したことがあります。2014年の春頃、NASAのエイムズリサーチセンターがあるシリコンバレーを訪問し、1週間ほど滞在しました。もう6年も前の話になりますが、今回はその時のことを思い出しながら紹介し…

サルでもわかるNASA式システム開発 第7話 「システムを見定め、決める」

「曇りなき眼で見定め、決める!」 映画「もののけ姫」で、石つぶての秘密を調べ、その後どうするのかを問われたアシタカがエボシに向かって放ったセリフです。 システムデザインにおいても、システムを曇りなき眼で見定め、決めることが大切です。 NASAのハ…

電子回路のシステムデザインにおけるBalus の活用方法

最近レヴィでは、電子回路設計業界にシステムデザインとクラウドツールBalusを広めるべく、積極的に活動しています。 5月には、「リモート時代の回路設計 ~モジュール化でビジネスチャンスを掴む~」と題して、オンラインセミナーも実施しました。 本稿では…

システムモデルで防災グッズを用意してみた

こんにちは、レヴィの五十嵐です。 このコロナ禍の中で地震や水害などが複合的に起きる複合災害に対して、全国的に懸念が高まっています。 我が家でも、しばらく防災グッズの見直しをしていなかったので、今のうちに備えておこうということになりました。 早…

Scrum Fest Osaka 2020 に登壇しました

2020年6月26日~27日の日程で開催されたScrum Fest Osaka 2020(感染症対策のためオンライン開催)において、弊社のメンバーが登壇し、起業のストーリーやシステミングについて発表しました。

サルでもわかるNASA式システム開発 第6話 「アポロ計画とシステムズエンジニアリング」

「充分に終わりのことを考えよ。まず最初に終わりを考慮せよ。」 かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの言葉です。 NASAは、これまで多くのビッグプロジェクトを成功させて来ました。 その成功を秘訣は、「組織、コスト、技術、それらの相互作用のバランスを…

Balusチュートリアルビデオ②

Balusチュートリアルビデオの続きです。こちらの記事ではBalusの最も特徴的な機能である「システムモデル」と「システムモデルを介したコミュニケーション」について紹介します。

Balusチュートリアルビデオ①

この記事ではまず画面構成、プロジェクト、プロセスモデル(アクション)のビデオを掲載します。Balusの一番のウリであるシステムモデルやコミュニケーションについては次の記事に掲載する予定です。

システムデザインを用いて準備したオンラインセミナーを開催しました

こんにちは、レヴィの五十嵐です。 東京も徐々に自粛解除ムードになってきていますが、弊社はお客様との打ち合わせはまだまだオンラインが中心となっています。 そんな中、パートナー企業である Quadcept 株式会社 様と共同で企画した回路設計向けのセミナー…

クロノ・トリガーをシステムモデルで表現してみた

こんにちは、吉澤です。 今年はクロノ・トリガーが発売されて25周年だそうです。 www.famitsu.com クロノ・トリガーはスクウェアから発売されたスーパーファミコン用ソフトで、昨年行われたファミ通.comの「平成のゲーム」で1位に選ばれるなど、とても人気の…

システムデザインの大事さを再認識した話 - なぜアヒージョは失敗したのか?

こんにちは。吉澤です。 以前、長野県の蓼科に合宿に行った時の話を書きましたが、今回もそんな話です。 blog.levii.co.jp 前回の話を要約すると、 合宿の中で「システムモデルを使って朝食を作る」という謎のチャレンジをやってみた ラピュタパンを作るプロ…

ジブリのセリフにシステムはあるのか?

こんにちは、レヴィの三浦です。今回はレヴィメンバーの共通点から出発して、あまり役に立たないことを書いてみます。 レヴィの創業メンバーの共通点を3つ挙げるとすると、こんな感じになります。 全員がJAXA宇宙科学研究所で研究していた 全員がメガネを装…

サルでもわかるNASA式システム開発 第5話 「優れたシステムズエンジニアがやっていること」

「”知略”対”本能”!これは武将の中の永遠の題目ですよォ」 漫画「キングダム」で、王騎将軍が武将のあり方について語っています。 作中では、「知略」に優れた将軍もいれば、傑出した「本能」を持つ将軍もいます。 「知略型」や「本能型」という分類ができる…

リモートで合宿をやってみました

こんにちは、レヴィの五十嵐です。 なかなか外出できない状況が続き、リモートワークをされている方も多いと思います。 レヴィも今は完全にリモート体制になっています。 そもそも以前からリモートワーク率が多かったのですが、それでも最低週1回はオフィス…

サルでもわかるNASA式システム開発 第4話 「システムを知る者は勝ち、知らざる者は勝たず」

「これを知る者は勝ち、知らざる者は勝たず。」 孫子の兵法にこんな言葉があります。 敵のことをよく知ることが、戦いに勝つ上で重要だと。 システムデザインも一種の戦いであり、「プロダクトやサービスのことをよく知ること」が大切です。 プロジェクトの…

なっとQ~シリーズ公開についてご紹介頂きました

レヴィはシステムデザインの人材育成やツールを提供している会社ですが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う社会の困難に対して何かできないかと模索し、微力ながらいくつかのことに取り組んでいます。 そのような取り組みの一環として、4月下旬よりレヴィの…

プロジェクト型学習をBalus!

レヴィが提供するシステムデザインツール「Balus」は、創業メンバーが教鞭をとっている大阪府立大学や鳥取大学の工学教育の中で積極的に活用されています。具体的には、 学生による小型人工衛星開発やロボット開発の活動 実践的な活動を伴うプロジェクト型の…

サルでもわかるNASA式システム開発 第3話 「ガントチャートには早すぎたんだ」

「腐ってやがる・・・早すぎたんだ」 映画「風の谷のナウシカ」でトルメキア帝国の軍参謀クロトワが朽ちていく巨神兵の姿を見て発した言葉です。ガントチャートも同様で、成熟前に目覚めさせると、せっかくの大作も崩れ落ちていきます。腐らない計画を作るた…

Datastore-Viewerをリリースしました

こんにちは。レヴィでインターンをさせていただいていた牧田です。 先日、私がインターンとして関わった最後のプロダクト、Datastore-Viewerがリリースされました! Datastore-Viewer開発の経緯 現在レヴィではGoogle App Engine ( 以下GAEと呼称します ) に…

サルでもわかるNASA式システム開発 第2話 「理想なき者に計画なし」

夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。 幕末の志士に大きな影響を与えた教育者、吉田松陰の言葉です。 「計画なき者に実行なし」ということで、製品開発の現場では、開発計画…

システムモデルを駆使して朝食を作ってみた

こんにちは。吉澤です。 昨年の夏頃になりますが、レヴィのメンバー全員とその家族で長野県の蓼科に合宿に行ってきました。 レヴィでは、だいたい半年に一度、泊まりがけで合宿に行って、将来のことやチームのことなど、普段と目線を変えて話す機会を作って…

カスタマーサクセス活動紹介 - Balus 要望箱の開発 -

こんにちは、レヴィの五十嵐です。 僕は現在、Balus の開発と CS(Customer Success, カスタマーサクセス)に関わっています。 レヴィは、CS をとても重要な活動と捉えており、お客様の成功のために様々な取り組みを検討・実施しています。 その中でも、お客…

サルでもわかるNASA式システム開発 第1話 「システムのジレンマ」

「相手に自分のぬくもりを伝えたいと思っても、身を寄せれば寄せるほど体中のトゲでお互いを傷つけてしまう。人間にも同じことが言えるわ。」 新世紀エヴァンゲリオンの第参話で、赤木リツコ博士が「ヤマアラシのジレンマ」の話をしています。 システム設計…

サルでもわかるNASA式システム開発 第0話 「NASA Systems Engineering Handbook」

1995年に発行された“NASA Systems Engineering Handbook” という本があります。 このハンドブックは、NASAが宇宙開発のプロジェクトを進める上で、重要だと考えていることが記述された、システムデザインに携わるエンジニアにとってはバイブルのような本です…

リモート研修「システム思考の基礎」(無料体験キャンペーン)をやってみました

レヴィが提供しているシステムデザインに関するトレーニングサービスの大きな特徴の一つは、自前のクラウドサービスである「Balus」を活用していることです。これにより、他ではできないリモートな演習やレビュー、非同期での進行が可能となっています。 新…

JSAI/SIG-BIに登壇しました

2020年3月18日に石垣島(沖縄県)で開催された人工知能学会(JSAI)の第15回ビジネスインフォマティクス研究会(SIG-BI)において、弊社の取り組みに関連する発表を行いました。 以下、質疑応答の時間に受けた質問&回答の一部です。 Q:プレイヤーチームの行動は…

90年代の「世界まる見え!テレビ特捜部」をシステムモデルで表現してみた

こんにちは。レヴィの吉澤です。 僕は中学生の頃に「世界まる見え!テレビ特捜部」というテレビ番組が好きで、毎週欠かさず観ていました。「世界まる見え」は、世界各国で放送されるさまざまな番組を紹介する、という内容の番組です*1。 その「世界まる見え…