株式会社レヴィ ブログ

株式会社レヴィの公式ブログです。

サルでもわかるNASA式システム開発 第1話 「システムのジレンマ」

f:id:yonambu:20200323133836p:plain

「相手に自分のぬくもりを伝えたいと思っても、身を寄せれば寄せるほど体中のトゲでお互いを傷つけてしまう。人間にも同じことが言えるわ。」

新世紀エヴァンゲリオンの第参話で、赤木リツコ博士が「ヤマアラシのジレンマ」の話をしています。

システム設計にも、そんな悲しいジレンマがあります。

製品やサービスを作っていく上で、パフォーマンス(品質、性能)、コスト、リスクは、常に高い関心ごとです。

パフォーマンスはなるべく高くしたい一方で、コスト、リスクはなるべく低く抑えたい。

その願望は常に打ち砕かれることになります。

ヤマアラシが付かず離れずの距離に落ち着くように、システムもパフォーマンス、コスト、リスクがバランスするところに落ち着きます。

NASAのハンドブックでは、システムズエンジニアのジレンマ*1として、次のように説明されています。

  • 一定のリスクで、コスト*2を削減するには、パフォーマンスを低下させる必要があります。
  • 一定のコストでリスクを軽減するには、パフォーマンスを低下させる必要があります。
  • 一定のパフォーマンスでコストを削減するには、より高いリスクを受け入れる必要があります。
  • 一定のパフォーマンスでリスクを軽減するには、より高いコストを受け入れる必要があります。

f:id:yonambu:20200323134050p:plain
システムズエンジニアのジレンマ

例えば、ハイリスク・ハイリターンで良いならば、コスト削減はできますが、ローリスク・ハイリターンを求めるならば、コスト削減はできません。

f:id:yonambu:20200326220306p:plain
パフォーマンスが一定の場合

同様に、パフォーマンスの向上させることとリスクを減らすことは、共にコストを消費するので、コストを固定してしまうと綱引きになります。

f:id:yonambu:20200326220413p:plain
コスト一定の場合

また、リスクを取ることなく、パフォーマンスの向上とコスト削減を両立させることはできません。

f:id:yonambu:20200326220444p:plain
リスク一定の場合

叶う願いは3つではなく、2つまでなのです。

冷静さを失って、このジレンマを忘れた意思決定をしてしまうプロジェクトは実は多いのではないでしょうか。 (そしてプロジェクト末期にその意思決定が間違っていたことに気がつく)

かくいうNASA自身でさえ、”Faster, Better, Cheaper” (より早く、より良く、より安く)というスローガンを掲げていたことがありました。*3

3つを共存させることは不可能ではありませんが、非常に困難であり、ゲームのルールを変えるような革新的な発想が必要になります。

この記事に関連するNASA

www.nasa.gov

blog.levii.co.jp

*1:今回の話では同時に満たせない性質が2つではなくて3つあるので、正確にはジレンマではなくてトリレンマですね。

*2:時間(スケジュール)は、コストの一種だと扱っています。

*3:このスローガンは失敗だったという議論も多くある一方で、ルナ・プロスペクターのような成功事例もあるため、一概に間違っていたとも言えません。